• HOME
  • JALふるさと納税とは

JALふるさと納税とは お客さまと
地域の縁を結ぶ

JALグループは「ふるさと割」や「新JAPAN PROJECT」などを通じて、
自治体や地域の発展、経済活動の活性化に取り組んでまいりました。

自然の美しさ、その土地ならではの美味、匠の技の工芸品、そしてそこに暮らす人々…。
尽きることがない地域の魅力をもっと多くのお客さまにお伝えし、
さらなるお客さまと地域のご縁を結ぶため、私たちはふるさと納税事業に取り組んでまいります。

寄附額に応じてマイルがためられますので、
地域を実際に訪れるための一助となれば幸いです。
「もっと知りたい」、「応援したい」、「行ってみたい」
そんな場所がきっと見つかるはずです。

ふるさと納税
の流れ

FEATURE

ふるさと納税
の特徴

FEATURE

  • 1

    お礼の品が
    もらえる

    寄附をした自治体から、地域の特産品や魅力的なお礼品がもらえます。

  • 2

    応援したい地域に
    寄附ができる

    「ふるさと納税」の寄附先は出身地でなくてもOK。全国の応援したい自治体に複数の寄附が可能です。

  • 3

    税金の控除が
    受けられる

    寄附金は税金から控除されるため、実質自己負担額は2,000円のみとなります。

  • 4

    寄附金の使い道を
    選べる

    寄附金は、寄附者が使い道を選ぶことができます。(一部選べない自治体もあります。)

PROCESS

手続きの流れ

PROCESS

  • STEP1

    控除上限額を知ろう

    まずは自分がいくら寄附ができるのか、自己負担が2,000円となる控除上限額をシミュレーションしてみましょう!

  • STEP2

    返礼品を選んで寄附しよう

    出身地に限らず応援したい自治体を全国各地から選んでみましょう。多彩で魅力的な返礼品がお礼としてもらえます。

  • STEP3

    税金の控除手続きをしよう

    寄附の申込・支払いが完了すると「寄附金受領証明書」と、「返礼品」が届きます。所得税・住民税の控除のために必要な書類を提出しましょう。手続きには「ワンストップ特例制度」「確定申告」の2種類があります。

    確定申告なしで簡単手続き!

  • ワンストップ特例制度

    所定の条件を満たすことで、確定申告をすることなく、寄附金控除申請を行うことができます。
    以下の両方に当てはまる方が対象です。

    • ・確定申告が不要の方
    • ・年間の寄附先が5つ以内の方
  • 確定申告

    寄附の自治体より発行される「寄附金受領証明書」を添付して確定申告を行う必要があります。
    以下の両方に当てはまる方が対象です。

    • ・ふるさと納税以外で確定申告が必要な方
    • ・年間の寄附先が6つ以上の方

これで手続きは
完了です。

所得税は翌年の確定申告後1ヶ月程で税金還付されます。
ワンストップ特例制度利用の場合は、すべて住民税からの控除となります。