JAPAN AIRLINES
  • HOME
  • 北海道紋別市

北海道 紋別市北海道 紋別市

北海道紋別市
北海道紋別市
北海道紋別市

自治体のご紹介

オホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する、水産業を中心とした港町。
「紋別市」と言えば何と言っても「流氷」です。沿岸を真っ白に埋めつくす雄大な景色は圧巻で、流氷砕氷船「ガリンコ号」と共に北海道遺産に登録されています。
オホーツク海の流氷が運んできた栄養たっぷりのプランクトンの恵みを受けて育まれた、毛ガニ・ズワイ・タラバの三大ガニ、ホタテなどの豊富な魚介類をご堪能ください。
いただいた寄附金は、全国的にもめずらしい「アザラシの保護活動」などの環境保全事業にも活用しております。

CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 流氷砕氷船ガリンコ号Ⅲ IMERU

    「日本で唯一流氷がくるオホーツク海」。流氷を砕く大きなドリルで突き進むガリンコ号Ⅱでは、砕けた流氷と海水が織り成す神秘的な色彩や、砕かれた流氷が船体横から浮き上がってくる迫力満点のシーンを垣間見ることができるクルーズが楽しめます。また、夏はフィッシングクルーズを実施。竿レンタルや釣った魚を入れる発泡の販売も行っていますので、手ぶらで来て楽しむことができます。オホーツクの爽やかな風を浴びながら、豪快な釣りを体験してください。また、2021年1月より新造船「ガリンコ号Ⅲ IMERU」の運航が開始。先代より定員とスピードが大幅アップし、ⅡとⅢ IMERUの2台体制で皆さまを流氷観光にお連れいたします。

  • オホーツクタワー

    海岸から約1km沖、紋別港第3防波堤の先端にそびえる世界初の氷海海中展望塔。観光施設と研究観測施設の両方の性格を併せ持ちます。高さは海上38.5m・海底7.5m。360度の景色を楽しめる3階展望室、流氷レーダー画像や連絡橋、売店などがある1階、観察用の大小16個の海中窓とクリオネなどの海洋生物の展示を行う海底階があります。冬の流氷だけでなく、四季を通じて海洋生物のさまざまな生態観察が可能。夜の海底階では、自然界の食物連鎖など、他では見られないドラマが展開されています。また、タワーへの連絡路となる紋別港第3防波堤は『クリオネプロムナード』の愛称が付けられ、散歩やつりのポイントとしても人気があります。

  • アザラシランド・アザラシシーパラダイス

    流氷の時期に前後してオホーツク海沿岸に姿を見せるアザラシたちを保護・飼育している日本で唯一の施設で、ゴマフアザラシやワモンアザラシなど数十頭がいます。日に5回行うフィーディングでは餌を食べる様子や愛嬌たっぷりの芸に歓声が上がります。飼育員から生態について学ぶことができたり、飼育プールの壁面からアザラシが泳ぐ姿を観察することも可能。保護されたアザラシを野生に返す取り組み、ガリンコ号Ⅱで沖合いに放しに行く『リリースクルーズ』では、アザラシに発信機を付けて生態の調査にも役立っています(発信機は半年ほどで自動に取れます)。アザラシシーパラダイスでは餌やりや輪投げ、アザラシのトレーナー体験ができます。

  • オホーツク流氷科学センター

    オホーツク海のそばに立つ、流氷をテーマにした科学館で、「見て・触って・体験」できる展示室が大評判、親子連れで楽しめる施設です。厳寒体験室は氷点下20度の世界を再現。本物の流氷が年中展示され、直接触ることができます。透明度の高い氷が織り成す氷の水族館や、凍るシャボン玉体験なども人気!迫力ある映像を映し出すドームシアターで、流氷などオホーツクの四季をご覧頂けます。またここは『道の駅オホーツク紋別』でもあり、喫茶・売店も併設されています。

  • かにの爪オブジェ

    昭和58年(1983年)に行われた「流氷アートフェスティバル」というプロジェクトで彫刻家の長崎歳氏、紋別商工会議所の桑原久雄氏、そして紋別市民によって共同制作された、高さ12m 幅6m 重さ7トンのオブジェです。かつてはオホーツクの蒼い空と純白の世界を表現しようという意図で、流氷の時期になると海に浮かべていましたが、現在はずっと陸上で展示しています。紋別のシンボル的な存在となり、観光客はここでの写真撮影を楽しんでいます。

  • オムサロ原生花園

    市街地の北西、渚滑川を挟んだ海岸線に1kmにわたって続く花園オムサロ原生花園。オホーツクの夏を色鮮やかな花たちが彩る自然の宝庫です。真紅のハマナスをはじめとして、約50種類もの美しい原生の草花が見る人を魅了します。もしかしたらシロバナハマナス(白い花びらのハマナス)が見られるかもしれません。近くには北海道指定史跡のオムサロ遺跡公園があります。流氷岬、オムサロ・ネイチャー・ビューハウスとも隣接しており、冬には壮大な流氷を展望できます。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 7月下旬/もんべつ観光港まつり

      旧駅前通り周辺では100を超える露店のほか、特設ステージや本町4丁目歩行者天国な どで繰り広げられる様々なイベント、そして一番の目玉は「オホーツク花火の祭典」。紋別港から打ち上がる花火がオホーツクの海と夜空を鮮やかに染め上げます。

    • 9月上旬/スカイフェスティバル

      普段立ち入ることができない空港滑走路内で実施される空港内バスツアーやナイトウォークツアー、さらには熱気球係留フライトの体験搭乗、モーターパラグライダーデモ飛行など、楽しいイベントが盛りだくさんです。

    • 10月上旬/もんべつグルメまつり

      紋別の味覚を集める紋別最大の味覚イベントです。会場には、カニや鮭、ホタテなどの採れたての海産物や水産加工品、新鮮な農産物など幅広い旬の味覚が販売されます。買った商品をその場で食べるバーベキューコーナーは毎年沢山の人でにぎわいます。

    • 12月上旬/もんべつ海産まつり

      新鮮な海産物や水産加工品を販売する恒例のイベントです。地元で獲れた新巻鮭やカニ、ホタテなどの海の幸を特別価格で販売。会場から地方発送も可能ですので、お歳暮や贈答用にもご利用できます。「カニ汁無料サービス」や「お楽しみ抽選会」なども開催されます。

    • 2月中旬/もんべつ流氷まつり

      紋別が1年で最も寒くなる時期に開催される「冬」の最大のイベント!会場には数多くの氷像が立ち並び人々を魅了します。ステージでは歌謡ショーや氷柱ガマン抱きつき大会など、楽しいイベント盛りだくさん!地元特産品の味覚市もあり、厳冬の中、あつあつの海産物などを楽しむことができます。

MESSAGE

応援メッセージ

MESSAGE

  • よろしくお願いいたします。

  • 自然保護の活動ありがとうございます

  • いつまでも おいしいホタテ食べさせてください。

  • 市内へ旅した事、有ります。これからもより良い街にして下さい

  • 頑張ろう!ニッポン!逆転目指して、みんなで笑顔で乗り切ろう

市長が必要と認める事業

市長が必要と認める事業

・観光イベント事業補助金(市内3大まつり(「港まつり」「グルメまつり」「流氷まつり」)の他、市民が中心となったイベント活動などの充実を図り、地域の活性化を推進するための経費)
・国際交流サロン運営事業(外国人技能実習生など外国人住民との交流拠点として、「国際交流サロン」を開設し、各種行事で生活の質向上や市民との交流、サロンの運営や日本語講座や交流会などを行うための経費)
・広域紋別病院企業団負担金(地域住民に安心して暮らせる医療の提供を持続するための経費)
・紋別空港利用促進事業(搭乗者対策事業・市民旅行補助事業 路線維持活性化・地域医療維持・安定した搭乗者数確保のための経費)
などに使わせていただいております。

アザラシの保護活動などオホーツクの海洋環境に関する事業

アザラシの保護活動などオホーツクの海洋環境に関する事業

「オホーツクとっかりセンター」では、傷ついたアザラシや親からはぐれた幼獣を保護・治療し、野生復帰させる活動を行っており、この施設と保護活動を運営する経費に充当させていただいております。また、ガリヤ地区内にあるアザラシ保護施設や氷海展望塔、海洋・海象研究施設などの施設整備費用や、オホーツク海に関連した産業や学術研究に貢献することを目的として、海洋モニタリング観測や流氷分布の観測などを行っており、この経費等に使わせていただいております。

森林、湖沼、河川等の環境保全啓発活動に関する事業

森林、湖沼、河川等の環境保全啓発活動に関する事業

植樹祭の開催経費(植樹の苗木、地拵え等)や、「森林認証制度」で認証された市有林のPR、民有林の森林認証取得活動事業、森林作業員の就労及び安定化を目的としての森林作業員への奨励金、紋別市内における林道及びオホーツク森林公園の機能保全のため維持管理補修等、大切な水資源を守るための水質検査分析経費に使わせていただいております。

市内経済の活性化に関する事業

市内経済の活性化に関する事業

中心市街地における空き地・空き店舗化の解消を図り、中心市街地に活気を呼び戻すため、催事の実施や空き店舗活用時の家賃補助等を行うための事業費として、また、快適な商業環境づくりの促進と商業の助長発展を図り、以て健全な市民生活に寄与することを目的として、中小企業商業者が行う店舗の近代化等の整備拡充に係る事業に対する補助を行うための事業費への充当や、地域の若手や担い手などが、創業・第二創業や新たなものづくりなどの革新的な取組にチャレンジしやすい環境整備を目的として、創業に要する経費や先駆的な取組を行う中小企業に対し、経費の一部を補助を行うための事業費に使わせていただいております。

次世代を担う人材育成に関する事業

次世代を担う人材育成に関する事業

・学習サポーター配置事業(少人数指導によるきめ細かな指導を行うことで、次代を担う子どもたちの教育環境向上を図るための経費)
・子ども未来塾開催事業(市内小中学生が、将来の夢を持ち、その夢に向かって自ら学ぶ力を育てるとともに、生まれ育ったまちへの誇りや郷土愛、社会参画意識を育成するための事業経費)
・家庭学習支援事業(子どもたちの将来に役立つ、社会に通用する力を身につけるため、土曜日公設塾を開設し、家庭学習の定着を推進して基礎学力の向上を図るための事業費)
・小学校施設整備事業(学校、PTAの要望事項を考慮し、計画的に施設整備を実施するための経費)、生涯学習センター運営管理経費(地域の生涯学習活動の拠点であり、体験活動プログラム等により子どもたちの健全育成を図る、紋別生涯学習センターの運営管理経費)
などに使わせていただいております。

医療、福祉又は子育て支援の充実に関する事業

医療、福祉又は子育て支援の充実に関する事業

医師をはじめとした、スタッフの確保、適切な施設および医療器材の維持・管理、また紋別市にとって喫緊の課題である、逼迫した地域医療体制再構築に際し、休日夜間急病センターの運営管理経費などに使わせていただいております。

人口減少対策に関する事業

人口減少対策に関する事業

医師をはじめとした、スタッフの確保、適切な施設および医療器材の維持・管理、また紋別市にとって喫緊の課題である、逼迫した地域医療体制再構築に際し、休日夜間急病センターの運営管理経費などに使わせていただいております。

公共施設の整備に関する事業

公共施設の整備に関する事業

オホーツク海を一望できる「大山スキー場」を、安心・安全に利用するための整備費等に使わせていただいております。