• HOME
  • 北海道本別町

北海道 本別町北海道 本別町

北海道本別町
北海道本別町
北海道本別町

自治体のご紹介

本別町は、北海道・十勝の東北部に位置し、緑豊かな美しい自然の中で約7,300 人が暮らしています。 町の中心部を通る国道242 号線には、道東自動車道本別ICを有し、道央・道東圏を結ぶ流通の拠点でもあります。主な産業は農業・工業・林業で、近年は本別公園や道の駅を核とした観光をはじめ、地場産品の加工や地域包括ケアシステムの構築などにも力を入れています。

CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 本別公園

    本別公園は、静かで自然豊かな環境の中に25.8haという広大な敷地面積を誇り、自然の地形を活かした遊歩道、キャンプ場、コテージ、パークゴルフ場、アスレッチック、ボート、ゴーカートなどがあります。町内外の多くの方々の憩いの場として親しまれる公園です。

  • 神居山登山道・展望台

    中心市街地と本別公園を隔てている神居山(かむいやま)には、町民の手で整備された遊歩道があります。展望台からは、本別を一望できるほか、晴れた日には、大雪山系まで見える抜群のロケーションです。紅葉も素晴らしく、落ち葉のじゅうたんを踏みしめて、ハイキングはいかがですか?

  • 十勝本別「キレイマメの会」の取組み

    マメのまち本別といわれるほど豆づくりが盛んなところです。平成19年、町や加工企業・関係団体が連携し、十勝本別「キレイマメの会」を発足しました。「中生光黒大豆」にこだわり、美容と健康をテーマに、黒豆の健康イメージとデトックス(解毒作用)に注目して商品を開発しています。

  • 本別高校「とかち創生学」

    「正解のない課題に挑戦し探究し続ける力を育成する」、「次世代の十勝をけん引し地域を支える力を育成する」。これらを目標に外部から講師を招き、探究活動を通して社会人基礎力①前に踏み出す力②考え抜く力③チームで働く力を身に着ける活動を行っています。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 5月上旬/本別山渓つつじ祭り

      1万6千株ものエゾムラサキツツジや2千本のエゾヤマザクラが満開になるころ、本別公園を会場にして開催されるお祭りです。太鼓演奏やゲーム大会などのステージイベントやおいしいグルメ屋台なども楽しめます。

    • 7月上旬/十勝ほんべつひまわり迷路

      町の名物イベントは、1988年に「とうもろこし三万坪迷路」からスタートしました。その後「ひまわり三千坪迷路」となり、総延長約2km「十勝ほんべつひまわり迷路」として生まれ変わりました。期間中、スタンプラリーや十勝の農産物を使った飲食ブースなども展開されています。

    • 8月中旬/ほんべつ肉祭り

      町内外で生産された肉を多くの人に味わってもらおうと企画されているイベントです。会場では、本別産の黒毛和牛などが多数販売され、多くの来場者が焼肉を楽しみます。焼き台や炭も用意されていますので、手ぶらでフラっと来て、手軽にバーベキューが楽しめます。

    • 1月下旬/ほんべつ豆まかナイト

      ほんべ本町の特産品である「豆」をテーマに、鬼がたくさん出てくる「”激”豆まき」や多彩なゲーム大会を展開します。日本一の豆のまちにふさわしく、寒さを吹き飛ばしてくれる熱く激しい節分イベントです。

    • 2月上旬/道の駅「ステラ★ほんべつ」冬あかり

      道の駅「ステラ★ほんべつ」を中心に、アイスキャンドルが幻想的な一夜を演出します。広場には、ジャンボ滑り台も登場し、子どもたちは大喜び!雪中宝探しなどのイベントもあります。キャンドルが点灯する頃には寒さも厳しくなりますので、暖かい服装でお越しください。

町長が必要と認める事業

町長が必要と認める事業

寄附を頂いた皆さまの「想い」を大切に、有効に活用させていただきます。

福祉と子育ての充実に関する事業

 福祉と子育ての充実に関する事業

未来を担う子どもたちや年をとっても、安心して暮らせるまちづくりのために活用します。

農林業の振興に関する事業

農林業の振興に関する事業

本別町の基幹産業である農業から生まれる農産物の付加価値を高めるための事業に活用します。

防災対策・環境衛生の推進に関する事業

防災対策・環境衛生の推進に関する事業

防災に対する知識の普及や被害を最小限に食い止める社会基盤の構築に関する事業に活用します。

教育活動の充実と推進に関する事業

教育活動の充実と推進に関する事業

寄附金を有効に使い、子どもたちが毎日健やかに過ごせる環境を整えます。

商工業と観光の振興に関する事業

商工業と観光の振興に関する事業

地域特性を活かした産業振興を推進するとともに、地域の新たな活力源となる新規産業の創出に取り組みます。