• HOME
  • 滋賀県豊郷町

滋賀県 豊郷町滋賀県 豊郷町

滋賀県豊郷町
滋賀県豊郷町
滋賀県豊郷町

自治体のご紹介

滋賀県の東部に位置し、鈴鹿山脈からの豊富な水と肥沃な大地に恵まれた田園風景が広がる、人口約7,500人、面積7.8㎢の小さな町です。
「豊郷」とは、米穀の豊穣を願って命名されたと言われており、古くから稲作が主産業でした。
また、近江商人をはじめ幾多の傑出した先人を世に送り出したことや江州音頭の発祥地としても知られており、心和む町並みの中に歴史とロマンが溢れています。

CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 豊郷小学校旧校舎群

    昭和初期に建てられた国登録有形文化財。開校当時には、「東洋一の小学校」「白亜の教育殿堂」と称されました。現在は町立図書館や子育て支援センターなどとして利用され、同時に数多くの映画やドラマのロケ地になり、特にアニメ『けいおん!』の舞台にもなったことでも知られ、毎年多くの観光客の方が訪れています。校舎の見学も自由にできます。

  • 伊藤忠兵衛記念館

    大手商社の伊藤忠・丸紅の創始者、伊藤忠兵衛の百回忌を記念して、初代忠兵衛が暮らし、二代忠兵衛が生まれた滋賀県犬上郡豊郷町にある旧邸が一般開放されることになりました。多くの資料が残され、“近江商人”忠兵衛の活気あふれる当時の暮らしぶりや、それを支えてきた初代の妻・八重夫人の活躍が偲ばれます。繊維卸から「総合商社」への道を拓いたその足跡を紹介しています。

  • 400年以上の歴史を持つ近江牛

    日本最古のブランド和牛「近江牛」。見た目に美しい霜降り、口の中ですっととろけるような舌触り、そして芳醇な香りといった味わいは、融点が低いオレイン酸が他の黒毛和牛に比べ多く含まれているからです。そんな「近江牛」をさらに厳選した最高A5ランクのサーロインをはじめ、ロース、ももなど、最高の味わいをぜひともご賞味ください。

  • より安心安全、ごはんを食べる楽しさ

    豊郷という町名は米穀の豊穣を願って命名され、古くから稲作が盛んです。今ではコシヒカリ、キヌヒカリ、ミルキークイーンなどさまざまな品種をより安心・安全・おいしいをキーワードに、農薬低減を図った特別な方法で栽培しています。特に「みずかがみ」は滋賀県独自の品種改良米で、炊き上がりはキラキラつややか。ほどよい粘りとまろやかな甘みがあり、冷めても美味しく、ごはんを食べる楽しさを実感させてくれます!

町長が必要と認める事業

町長が必要と認める事業

特に指定がない場合は、町長が以下6つのいずれかに振り分けます。

子育て支援および福祉に関する事業

子育て支援および福祉に関する事業

子育て支援や教育環境の整備などに活用させていただきます。

教育またはスポーツ・文化の振興に関する事業

教育またはスポーツ・文化の振興に関する事業

教育環境の整備、スポーツ・文化の振興に関する事業

産業または観光の振興に関する事業

産業または観光の振興に関する事業

町内の産業や観光の振興などに活用させていただきます。

公共施設等の整備または改修に関する事業

公共施設等の整備または改修に関する事業

役場庁舎や公民館などの施設整備や改修に活用させていただきます。

豊郷小学校旧校舎活用に関する事業

豊郷小学校旧校舎活用に関する事業

豊郷小学校旧校舎群の維持管理などに活用させていただきます。

地域の振興に関する事業

地域の振興に関する事業

上記に含まれない地域の振興事業全般に活用させていただきます。