JAPAN AIRLINES
  • HOME
  • 熊本県玉東町

熊本県 玉東町熊本県 玉東町

熊本県玉東町
熊本県玉東町
熊本県玉東町

自治体のご紹介

【熊本県玉東町(くまもとけんぎょくとうまち)】は、緑があふれ、自然の力がいっぱい。熊本県北部にある人口5,200人ほどの小さな町です。豊かな自然環境と通勤・通学の利便性が両立し、住宅地として高い評価を受けています。
「みかんと史跡の里」というキャッチコピーを掲げており、みかんを始め、すいか、梨とさまざまな農作物の生産が盛んです。
西南戦争の史跡も多く現存しており、観光のために遠方から訪れる方もいらっしゃいます。

CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 魅力いっぱい玉東町

    熊本県玉東町は、幻のすももハニーローザやみかんなどの農産物の生産が盛んです。また、国内最後の戦い、西南戦争の激戦地となったことでも知られています。国指定の史跡があり、観光のため遠方から訪れる方もいらっしゃいます。

  • 木葉猿

    木葉猿は玉東町の木葉山山麓で作られている、猿の形をした素焼きの土人形です。8世紀前半まで起源はさかのぼり、現在もそのままの技法で制作されており、縁起物や干支の置物があります。とてもかわいらしいと人気です。

  • 幻のすももハニーローザ

    平成15年から栽培が始まり、栽培面積、収穫量共に日本一なのが玉東町のハニーローザ。とても甘く、高い果汁糖度が有名です。生の果実を味わえるのは、6月の約10日間程と短く、幻のすももといわれています。

  • ぎょくだん

    玉東町(ぎょくとうまち)で果物の栽培をしている若手農家グループが、「ぎょくだん」。玉東町 段々畑 男子団の略です。仲間同士で切磋琢磨しながら、おいしい果物を生産、インターネットで販売しています。

  • 年の神公園

    熊本名水百選にも選ばれた透明度の高い湧水で、夏は涼を求めたくさんの方が訪れます。池の隣には「年の神水神」が祭られており、「年の神さん」と呼ばれ親しまれています。樹齢300年以上の杉の大木もあり水源を守り続けています。

  • 西南戦争遺跡群

    1877年(明治10年)に行われた国内最大・最後の戦いが西南戦争です。薩摩郡と政府軍の激戦の場となったのがこのあたりで、国指定の遺跡群が点在しています。フットパスコースもあり、散策しながら古の戦いに思いを寄せられます。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 3月下旬/ぎょくとうフットパス

      国内最後の戦い、西南戦争の激戦地である玉東町には、国指定の史跡をめぐるなどのフットパスコースがあります。豊かな自然と多くの史跡が残る玉東町の魅力を歩きながら感じてみませんか。

    • 6月上旬/ハニーローザ収穫祭

      6月でも約10日間程の収穫期間しかない、幻のすもも収穫量日本一のハニーローザの収穫体験ができます。熊本県の推奨品種でもある抜群の糖度を、ぜひご賞味ください。

    • 8月中旬/ふれあい夏祭り

      町内外から参加され、子ども太鼓やフラダンス、タヒチアンダンス、伝統の玉名太鼓などさまざまなステージショーや抽選会、打ち上げ花火など、たくさんの参加者に喜ばれています。

目的達成のために、町長が必要と認める事業

目的達成のために、町長が必要と認める事業

保健、福祉に関する事業

保健、福祉に関する事業

未来の玉東町を担う子どもたち、現在の玉東町に活力を与えている人、これまでの玉東町を支えてきた人など、全ての町民が心も体も健康に暮らすためのまちづくり事業に活用させていただきます。

環境、基盤、定住に関する事業

環境、基盤、定住に関する事業

人と自然が共生できる循環型・環境負荷低減型のまちづくりに関する取り組みや、町民生活の安全性・利便性・快適性を高める暮らしやすいまちづくり事業、オレンジタウンの定住促進奨励金事業に活用させていただきます。

産業、観光に関する事業

産業、観光に関する事業

玉東町の基幹産業である農業の振興を促進するさまざまな事業、シンボル事業として展開中の木葉駅前開発推進事業、平成25年に国指定となった西南の役関連史跡をはじめとする町の観光をPRする事業などに活用させていただきます。

教育、文化、交流に関する事業

教育、文化、交流に関する事業

人や自然を思いやる心や、ふるさとの歴史や文化を愛する心を育む教育を積極的に推進し、将来の玉東町を担う人材の育成に努 めるとともに、生活を豊かにするスポーツ活動や文化活動を推進するまちづくり事業に活用させていただきます。

自治、協働に関する事業

自治、協働に関する事業

人とひととが互いにふれ合い・支え合い・助け合いながらまちづくりについて話し合い、そして行動することができる土壌を築き育てるとともに地域の力の向上につながる事業に活用させていただきます。