• HOME
  • 大分県佐伯市

大分県 佐伯市大分県 佐伯市

大分県佐伯市
大分県佐伯市
大分県佐伯市

自治体のご紹介

【大分県の南東部に位置し、人口約7万人、面積は約903㎢。九州で一番広い面積のまちです。】

佐伯市には豊かな自然が残っており、風光明媚のリアス式海岸と雄大な原生林の茂る祖母山・傾山山系はいずれも国定公園の指定を受けています。一級河川の清流「番匠川」は、源流から河口まで全てが佐伯市を流れます。
佐伯市のシンボルである城山は、市街地にあって、豊かな自然を残し、ムササビや鹿が生息しています。人々の生活の中に自然があり、海・山・川から多くの恵みを受け、美しい四季の移ろいを感じるまちです。さらに「佐伯の殿様、浦でもつ」と昔から言われるほど、豊かな魚介類を中心に、山の幸・海の幸にも恵まれています。

・住民票が佐伯市にある方は、返礼品の送付の対象になりません。
・お寄せ頂いた個人情報は、寄附申込先の自治体が寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
・返礼品の確認及び送付等を行うため「申込者情報」及び「寄附情報」等を本事業を連携して実施する株式会社JTBに通知します。
【1】寄附金受領証明書/ワンストップ特例申請受付について
大分県佐伯市は、寄附金受領証明書の発送と管理業務を株式会社JTB及び株式会社エッグ分室に委託をしております。
ワンストップ特例申請書受付完了の通知はメールで行っております。※文書での通知は、メールで通知できなかった場合のみ行いますので、あらかじめご了承ください。

【2】ワンストップ特例申請書受付完了の通知メールについて
■発信メールアドレスは下記の通りです。
 info@jtb-furusato.jp
迷惑メール防止機能により受信制限をかけられている方は、上記アドレスを受信するよう設定をお願い致します。
※尚、「発信専用」アドレスの為、ご返信やお問い合わせいただいても受信できませんので予めご了承ください。

<<返礼品発送について>>
 返礼品の発送につきましては、返礼品事業者からのお届けとなります。年末のご寄附については通常よりお時間を頂戴する場合があります。返礼品や時期によっては年内のお届けができませんので予めご了承ください。

<<寄附金受領証明書について>>
 入金確認後、返礼品とは別に寄附お申込み時にご登録いただいた住所に、通常2週間程度で発送いたします。
 ※「返礼品」と「寄附金受領証明書」は別々に発送しているため、お届けが前後することがございますので予めご了承ください。

<<ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)について>>
 寄附金受領証明書とともにワンストップ特例申請書を発送します。
 必要書類を同封のうえ【〒683-8790
鳥取県米子市旗ヶ崎6丁目5-11ワンストップ申請業務受託者 佐伯市(エッグ)分室 TEL:0570-666-532】まで、お早めにご提出ください。(寄附の翌年1月10日必着)

<<詐欺サイトにご注意ください!>>
 寄附金額の大幅な割引をうたい、金銭をだまし取るふるさと納税偽サイトが発見されています。正規サイトの画像を無断使用したケースもありますのでご注意ください。
総面積 903.14㎢
人口 67,899 人
世帯数 33,164 世帯
WEBサイト https://www.city.saiki.oita.jp/default.html
お問い合わせ JTB ふるさと納税コールセンター
TEL:0570-666-532
E-Mail:furupo-jtb@jtb.com
CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 佐伯城(跡)

    佐伯城は慶長11年(1606年)、日田の隈城から移封された毛利高政によって築かれました。天守閣は、築城後ほどなく火災によって消失、わずかに残った隈櫓・土塀なども廃藩置県の際に取り壊されました。今日では、三の丸に櫓門(やぐらもん)、山頂に石垣が残るだけとなっています。

  • 空の公園

    米水津と蒲江を結ぶ豊後くろしおライン。その登り口からおよそ3kmのところに「空の公園」があります。標高約250m。眼下に太平洋を見渡すことができ、晴れた日には遠く四国の山々まで見ることができます。 車で約3分のところにある空の展望所は、シバザクラの名所としても有名です。

  • 藤河内渓谷

    祖母山・傾山系の夏木山(1,386m)を源に、水源の観音滝から藤河内集落までの分流を合わせて約8km続く藤河内渓谷。いたるところに花崗岩の甌穴群があり、すばらしい景観を作り出しています。巨大な花崗岩の一枚岩を、桑原川が長い年月をかけて刻んでできた景色です。

  • 食のまちさいき

    佐伯市は、かつて「佐伯の殿様、浦でもつ」と言われたほど、海の幸に恵まれた土地です。黒潮と瀬戸内海からの潮がぶつかりあう豊後水道で育った魚は身が引き締まっており、魚種は、アジ・イワシなどの庶民的な魚からウニ・伊勢海老などの高級な魚介類と多岐にわたります。

  • 城下町さいき

    かつて佐伯藩 2万石の城下町です。武家屋敷通りの面影が残る「歴史と文学のみち」や、その一角にある「佐伯市城下町 観光交流館」は、歴史と趣のある建物です。人々の生活の中に自然があり、海・山・川から多くの恵みを受け、美しい四季の移ろいを感じるまちです。

  • 豊後二見ヶ浦

    佐伯市のシンボルのひとつ豊後二見ヶ浦。初日の出スポットとしも人気の場所です。男岩と女岩が並び、合わせて夫婦岩といわれる岩があり、二つをしめ縄が結んでいます。これが長さ65m、直径最大75cm、重さ2tと日本有数の縄!初日の出に限らず、夫婦岩の間から昇る朝陽はとても幻想的です。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 4月上旬/さいき桜まつり

      桜並木の美しい城下町「さいき」の桜まつり。 2日間にわたり昼夜を通して楽しめる企画で、みなさまのお越しをお待ちしています。

    • 6月上旬/本匠ほたる祭り

      ほたるの里で知られる「本匠 堂の間鹿渕」で毎年行われるイベントです。歌謡ショーや抽選会、ダンスイベントなどさまざまな催しが行なわれます。 ゲンジボタルが川一面に波打つように光る様子は圧巻です!

    • 7月上旬/かぶとむし木登り競争大会 

      垂直に立てた木の棒にかぶとむしを登らせて、ゴールにたどり着く順位をトーナメント方式で競う大会です。とてもユニークなイベントで、家族みんなで盛り上がります。

    • 9月中旬/五丁の市(ジョーヤラ)

      八幡五丁の市 ジョーヤラは、1,200年以上続く伝統の祭りです。漁業の盛んな佐伯ならではの祭りで、毎年秋の土曜日と日曜日の2日間にわたって開催されます。

    • 10月中旬/ツール・ド・佐伯

      真っ青な空と海、色鮮やかな山々、爽やかに香る風に誘われ、九州一広い佐伯市でサイクリングを楽しみませんか!どのコースも、佐伯の魅力を感じていただけるコース設定です。

    • 11月上旬/さいきオーガニックフェスタ

      安全・安心な有機農産物への関心が高まる中、オーガニックの理解を深めるために、オーガニックな活動をする方々のパネルディスカッションやマルシェ等のイベントを開催します。

    • 12月上旬/豊後二見ヶ浦しめ縄張替え

      佐伯市のシンボルのひとつ豊後二見ヶ浦は、初日の出スポットとして人気の場所です。夫婦岩を結ぶ大しめ縄は、毎年12月第 2日曜日に、多くのボランティアの方々に支えられて、地元の有志の手で張り替えられます。

    • 1月上旬/サンライズウォーク

      毎年元旦に、豊後くろしおラインを登って初日を拝むイベントです。県外からも多くの人が訪れにぎわいます。

MESSAGE

応援メッセージ

MESSAGE

  • 大好きな佐伯を応援します!

  • 少子化対策お願い致します。

  • 自然環境の保護にご尽力ください。

  • 大分県佐伯市にはまだ行ったことはございませんが、応援しております。頑張ってください。

  • 自然豊かでみんなが笑顔で活躍している佐伯市が大好きです!!
    これからも応援していきます!!

さいきのこどもたちを育てるための事業

さいきのこどもたちを育てるための事業

0歳児から中学3年生までの通院・入院にかかる医療費(健康保険適用分)の全額を助成するなど、さいきの子どもたちを育てるさまざまな事業に活用させていただきます。

みんなが安心して暮らせるまちを創るための事業

みんなが安心して暮らせるまちを創るための事業

介護予防や認知症予防の推進など、みんなが安心して暮らせるまちをつくるためのさまざまな施策に活用させていただきます。

みんなが元気になり、地域の活力を生むための事業

みんなが元気になり、地域の活力を生むための事業

地域の活性化を図り、地域資源の活用や地域課題の解消等に取り組むためのさまざまな事業に活用させていただきます。

地場産業を応援するための事業

地場産業を応援するための事業

企業の再建やキャリア教育講演会など地元で活躍する人材を育成するなど、地場産業を応援するためのさまざまな事業に活用させていただきます。

豊かな自然と文化を守り育てるための事業

豊かな自然と文化を守り育てるための事業

ユネスコエコパークに登録された祖母・傾・大崩山系をはじめとする佐伯の豊かな自然や文化を後世に伝えるためのさまざまな施策に活用させていただきます。