• HOME
  • 鹿児島県阿久根市

鹿児島県 阿久根市鹿児島県 阿久根市

鹿児島県阿久根市
鹿児島県阿久根市
鹿児島県阿久根市

自治体のご紹介

鹿児島県阿久根市は、古くから海と陸の交通の要衝として海運業や商業が栄えた歴史あるまちです。
東シナ海に面した約40kmにも及ぶ美しい海岸線を有し、温暖な気候と相まって新鮮な魚介類や四季折々の農産物が生産されており、「アクネ うまいネ 自然だネ」の統一ブランドで全国に「食のまち阿久根」として知られています。
また、日本三大急潮の一つ黒之瀬戸や、野生鹿が住む海水浴場として人気の高い沖に浮かぶ無人島、阿久根大島などを有する「みどこい」満載のまちです。
※「みどこい」とは、阿久根の方言で、中心の良いところを指す言葉で、「魅(み)どころ・美(み)どころ・味(み)どころ・見(み)どころ」を意味します。

この度阿久根のPR動画が公開となりました。
阿久根の魅力がたっぷり詰まった動画となっておりますので是非ご覧ください。
▼阿久根市市観光サイトはコチラから
http://go-akune.jp/topics/detail/131

【ご寄附前に必ずご確認ください】
到着後は速やかに返礼品の状態をご確認ください。
万全を期して返礼品をお届けしていますが、万が一、不備等があった場合は
返礼品到着から2日以内に、写真(画像)を添付のうえ、電子メールにてお問合せ先までご連絡ください。
日数が経ったものに関しましては対応いたしかねます。
ご了承の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。
総面積 134.29㎢
人口 19,260 人
世帯数 9,877 世帯
WEBサイト https://www.city.akune.lg.jp/
お問い合わせ LR株式会社
TEL:099-208-0380
E-Mail:akune@lrinc.jp
CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 市の木「ボンタン」

    阿久根を代表するかんきつとして、知名度抜群の「ボンタン」。阿久根に漂着した中国商船の船長「謝文旦」から伝えられたといわれ、名前の由来ともなっています。ボンタンは、そのまま食べてもおいしく、定番の「ボンタン漬け」などの加工品も多彩で昔から多くの人に親しまれています。

  • 日本三大急潮の一つ 黒之瀬戸

    うず潮が観られる急潮(きゅうちょう)として名高く、日本三大急潮のひとつでもある黒之瀬戸は、阿久根と長島の間の海峡です。潮の流れが早く、最大流速は8ノットにもなります。橋の上からの雄大な自然のパノラマは、インスタ映えするスポットで思わず感動してしまいます。

  • 脇本海水浴場

    約3km続く遠浅の白い砂浜。海から吹く潮風が心地よく、遠く水平線に沈む夕日に心も癒されます。近くには海の家もあり、アウトドアやサーフィンなども楽しめます。県立自然公園、日本快水浴場100選、日本の名松100選にも選出されており、ウミガメも産卵にやってくることも!

  • 牛之浜海岸

    東シナ海に面する奇岩奇礁の乱立する海岸で、海の向こうに甑島(こしきしま)を望む景勝地です。海岸に露出する岩石は、緑色凝灰岩や泥岩、砂岩の層がいくつも複雑にからみあったメランジ推積物として美しい文様が見られ、地質学的にも貴重な地域といわれています。

  • 寺島宗則記念館

    阿久根市出身の偉人である松木弘安(寺島宗則)の旧家です。明治維新の立役者のひとりであり、日本電信の父と呼ばれる松木弘安(寺島宗則)の生涯や功績を伝える歴史資料を展示しています。旧家の目の前には改名の由来となった「寺島」も望めます。

  • 阿久根大島

    阿久根新港渡船場から船で約10分、約2kmの沖合に浮かぶ周囲4kmの美しい松林におおわれた島です。野生の鹿が約120頭生息しており、触れ合うことができます。日本名松100選や日本の快水浴場100選に認定された風光明媚な島で、マリンスポーツやアウトドアもお楽しみいただけます。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 4月下旬/阿久根うに丼祭り

      阿久根産のムラサキウニは味が濃厚と好評で、ふるさと納税でも人気の返礼品です。毎年4~5月には、市内の飲食店が趣向を凝らしたウニのメニューを提供する「うに丼祭り」を開催。多くの方がウニの味を求めて阿久根を訪れます。

    • 5月上旬/ひな女祭り

      子孫繁栄の願いが込められ、江戸時代から続く珍しい踊りです。 祭りの対象は地区内の家に生まれた1歳未満の長女に限られ、お釈迦様の生まれた日にその子を後向きに背負って踊ります。 踊り手は祖母から父母・親族・知人へと続きます。

    • 5月上旬/番所丘公園 グリーンフェス

      木々が芽吹き、新緑に包まれ始めた番所公園。花いっぱいの公園のGWイベントは、ヒーローショーや歌謡ショーなど催し物が盛りだくさん。ご家族、お友達連れで楽しめるアトラクションやステージショーで初夏を満喫してください。

    • 7月中旬/阿久根みどこい夏祭り

      阿久根の夏の風物詩であるみどこい夏祭り。ハンヤ総踊りやパレード、子ども向けのステージイベントなどが行われ、子どもから大人まで楽しめるみどころいっぱいのお祭りです。勇壮な踊りを見ようと多くの人が集まります。

    • 8月中旬/阿久根新鮮おさかな祭り

      毎年8月に、阿久根漁港の水揚げ場において行われます。 阿久根近海でとれる新鮮な魚介類や水産加工品、塩干加工品など市価よりも安く販売されます。魚のつかみ取りやマグロの解体ショーなども行われます。

    • 8月下旬/神舞(かんめ)

      市内の南方神社(諏訪神社)の8年ごとの例祭に舞われるもので、7種の舞を奉納し五穀豊穣(ほうじょう)を祈願します。出雲流の神楽の系統に類するものといわれており、県の無形民俗文化財に指定されています。

    • 9月上旬/阿久根伊勢えび祭り

      阿久根の伊勢えびは、甘味が強く、身がぎっしり詰まり、プリプリの食感で人気です。秋の漁期にあわせ、市内の飲食店が伊勢えび料理を提供する「伊勢えび祭り」が開催され、多くの方でにぎわいます。

    • 9月下旬/阿久根みどこい秋祭り

      こちらは秋のみどこい祭りとなり、約10,000発を打ち上げる花火大会と食の祭典を開催します。秋の夜空を彩る花火は必見です。食の祭典では地元鹿児島、あるいは九州のご当地グルメをお楽しみいただけます。

    • 10月中旬/華の50歳組

      50歳になった年には、全国各地から帰省し母校の運動会に参加するこの活動は、阿久根市内の全小学校で行われており、阿久根の秋の風物詩ともなっています。 全国的にも珍しいこの伝統は、平成18年に商標登録もされています。

    • 12月上旬/あくねボンタンロードレース大会

      約3,000人の参加者が、黄色に色づいたボンタン路のコースを走ります。日本陸連公認コースで3・5・10km、ハーフマラソンの4コースに分かれて健脚を競い、スタート・ゴール地点には、ボンタンピラミッドがそびえ立ちます。

    • 12月下旬/産業祭(アクネうまいネ自然だネ祭り)

      毎年12月第3土・日曜日に開催される阿久根市最大規模の物産展です。期間中8,000人近くの人が訪れ、新鮮な農産物、水産物、加工品などの特産品や地元グルメ、「三尺棒踊り」「和太鼓」などのステージイベントを楽しみます。

    • 1月上旬/えびす祭り

      毎年1月10日に行われる「えびす祭り」。一年間の豊漁と航海の安全を祈願する伝統行事です。約1時間にわたり漁師さんによる送神歌「よいこん節」が響く中、えびす様は焼酎のおもてなしを受け続けます。

REWARDS

この自治体の
おすすめ返礼品

LOCAL GOVERNMENT REWARDS

観光の振興、施設充実のための事業

観光の振興、施設充実のための事業

ふるさとの観光を充実させていくために使わせていただきます。

地域産業の振興及びその他地域の活性化のための事業

地域産業の振興及びその他地域の活性化のための事業

ふるさとを元気にするために使わせていただきます。

自然環境及び地域景観の保全のための事業

自然環境及び地域景観の保全のための事業

ふるさとの自然と環境を守るために使わせていただきます。

健康・福祉の充実のための事業

健康・福祉の充実のための事業

ふるさとの父母兄弟の健康増進を図り、福祉の向上のために使わせていただきます。

教育環境の充実及び子育て支援のための事業

教育環境の充実及び子育て支援のための事業

未来を担うふるさとの子供たちのために使わせていただきます。

~未来に引き継ぐ日本の宝~ 松木弘安(寺島宗則)旧家保存活用プロジェクト

~未来に引き継ぐ日本の宝~ 松木弘安(寺島宗則)旧家保存活用プロジェクト

松木弘安(のちの寺島宗則)は、阿久根市脇本に生まれました。薩摩藩侍医であった養父の影響もあり、蘭学・医学・科学等幅広い知識を持った秀才で、島津斉彬の集成館事業に携わった他、幕府遣欧使節団随員、薩摩藩英国留学生の引率として、2度の渡欧を経て、日本の近代国家の礎を築きました。 電信政策を推進したことから「電信の父」と呼ばれます。明治政府では、外務卿、文部卿、元老院議長を歴任しています。阿久根市では、美しい景観と共に彼が幼少期を過ごした旧家を保存・修復し、その功績を未来ある子供たちに語り継いでいます。 本プロジェクトを是非ご支援ください。