• HOME
  • 鹿児島県錦江町

鹿児島県 錦江町鹿児島県 錦江町

鹿児島県錦江町
鹿児島県錦江町
鹿児島県錦江町

自治体のご紹介

錦江町は、九州最南端の鹿児島県大隅半島南部に位置しており、豊かな自然(海・山・川)が残る小さな町です。農業・水産業・畜産業が町の基幹産業であることから、野菜をはじめ、果物や肉、魚などの高質な「食」を生産しています。

そんな本町では、ふるさと納税に関わっていただく皆さまとの「絆」を深めるために、返礼品のお得感や豪華さで寄附を集めるのではなく、寄附者の皆さまが町の「取り組み」や事業者の「想い」に共感し、ご支援していただける運用を目指しています。

CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 錦江町

    錦江町は、鹿児島県の大隅半島西部に位置する町。錦江町の大半は肝属山地(国見連山)で占められており、山地の中ほどには手つかずの大自然が原生林として残っています。また、町の西部は錦江湾(鹿児島湾)に面し、薩摩半島と対峙する場所にあります。

  • 花瀬川の石畳

    花瀬川の川床には、阿多カルデラからの溶結凝灰岩が幅100m、長さ2kmにわたって石畳を敷き詰めたように広がっています。石畳の上を流れる水の模様が白い花のように見えることから、「花瀬」と呼ばれています。また、春は桜、フジの花の名所としてても知られています。

  • 神川大滝

    豪快にしぶきをあげる幅30m、高さ25mの神川大滝と小滝があり、錦江町ならではの大自然の雄大さに触れることができます。滝は下からも眺められますが、遊歩道から「虹のつり橋大滝橋」まで登ると、高さ68mからの絶景が広がり、全長130mの空中散歩が楽しめます。

  • 旗山神社

    旗山神社の創建が、平家の落人が住みついた鎌倉時代のものではないかと伝えられています。秋から冬にかけては、3本のイチョウの巨木が紅葉し圧巻の景色となり、神社全体が黄金色に輝ているように見えます。また、周囲の景観もすばらしいところです。

  • 照葉樹の森

    国有林1,400haにタブノキ・イスノキ・アカガシが原生の姿をとどめる、西日本最大級の照葉樹の森となります。豊かな自然に親しみながら、気軽な自然散策から登山、さらには貴重な照葉樹原生林探勝など、それぞれの目的に応じて大自然を堪能することができます。

  • 雄川の滝

    雄川の滝を上から見下ろす「雄川の滝上流展望所」があり、幅60m、落差46mの大きな滝を眺めることができます。エメラルドグリーンに輝く滝つぼがとても美しく綺麗です。駐車場からは約1,200mの遊歩道があり、渓流の音に癒されながら歩ける癒しのスポットです。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 4月上旬/花瀬公園まつり 

      桜の季節に花瀬川の2㎞にわたる千畳敷きの石畳に、特設ステージを設け盛大に行われるお祭り。毎年キャラクターショーや、舞台芸能などの多彩なステージが行われ、地元特産品の販売もあり、町内外から大勢の人でにぎわいます。

    • 7月下旬/錦江レゲエ浜祭り

      神川海岸特設ステージでレゲエミュージックを聴きながら、踊り、盛り上がります。また、キンキンに冷えたビールや特産品を使った料理などを提供する飲食ブースもあり毎年盛況です。フィナーレの花火もお楽しみに!

    • 8月中旬/やまんなか音楽祭

      花瀬川は天然の石畳が続く風光明媚な場所です。石畳の上には竹灯篭やペットボトルキャンドル約1万個が並び、川岸の木々はライトアップされます。地元の食材を使用したフードブースもあり、美味しいものを食べながら、音楽や川のせせえらぎに耳を傾けてください。

    • 11月下旬/でんしろうトレイル

      鹿児島県肝属郡錦江町にある西日本最大級を誇る照葉樹林を舞台に開催されるトレイルランニングの大会です。前夜祭などもあり、地元の方や愛好者同志の交流を深めるイベントでもあります。ぜひ、ふるってご参加ください。

    • 12月下旬/大根やぐらライトアップ 

      大根やぐらは、漬物用の大根を高さ7m、長さ50mという巨大なやぐらにかける、錦江町の冬の風物詩です。大根やぐらは高台に何棟も配され、白い巨大なスクリーンとなって幻想的にライトアップされます。 

子どもなど将来の社会の担い手の育成に関する事業

◆目指すべき未来の姿
・教育支援が充実している状態
・一人親でも充実した子育てができる状態
・一度都市部に出た子どもが、後年社会の担い手として錦江町に戻ってくる状態
・彼らが一生元気に町内で暮らしていける状態

地域経済の活性化に関する事業

◆目指すべき未来の姿
・事業者がやりたいビジネスで安定的な収入を得られている状態
・これまでの町には無かった様な仕事がある状態
・新旧事業者の協力により新産業や新商品が開発され、安定した収入につながっている状態

高齢者や障害者が活躍できるまちづくりに関する事業

◆希望する未来の姿
・高齢者や障害者が人間らしく生きていける状態
・支えられる立場から担い手側の役割を担う高齢者が多い状態
・健康寿命が長く、社会に貢献できている状態

移住・交流に関する事業

◆希望する未来の姿
・新旧住民の融合による仕事興しが実現している状態
・移住者(町出身の都市部住民)が社会の主な担い手になっている状態
・来訪者がやがて移住者に変わっていく状態
・レジャーを含む多様な目的で当町を来訪した都市部住民が、当町民を介して積極的につながり、やがて支援者・投資者・移住者になっている状態

その他町長がふるさとづくりに必要と認める事業