• HOME
  • 北海道東川町

北海道 東川町北海道 東川町

北海道東川町
北海道東川町
北海道東川町

自治体のご紹介

北海道上川盆地のほぼ中央に位置する北海道の米どころ「写真の町」東川町。
大雪山の雪解け水がゆっくりと時間をかけて流れてくる地下水を生活水とする、北海道で唯一上水道のない町です。
東川町では、投資(ふるさと納税の寄附)をした方をまちづくりに参加してもらう「株主」として位置づけする「ひがしかわ株主制度」を運用しています。「株主」は、株主証となるカードの発行、宿泊優待などの「株主優待」を受けることができます。

◆寄附金受領証明書及びワンストップ特例申請書について

<書類発送の目安>
ご入金確認後2週間以内に発送いたします。

<発送書類>
ご寄附いただきました皆様に、寄附金受領証明書とワンストップ特例申請書を同封してお送りいたします。
ワンストップ特例をご利用の方は、申請書の内容をご確認いただき必要事項をご記入のうえ、添付書類と併せて下記送付先までお送りくださいませ。
【送付先】
〒897-0005
鹿児島県南さつま市加世田麓町15-18
東川町ふるさと納税ワンストップ受付センター
※東川町ではワンストップ特例申請受付業務を外部委託しております。
総面積 247.06㎢
人口 8,361 人
世帯数 3,966 世帯
WEBサイト https://higashikawa-town.jp/kabunushi
お問い合わせ TEL:0166-73-4666
E-Mail:kabu@town.higashikawa.lg.jp
CHARM

この自治体の
魅力

CHARM

  • 「写真の町」東川町

    東川町は、1985年に世界にも類のない「写真の町」宣言を行い、「自然」や「文化」そして「人」が写真を通じて出会い、この恵まれた大地に、世界の人々に開かれた町、心のこもった「写真映りのよい町」の創造を目指しています。写真文化の中心地となる「写真文化首都」として、写真と世界の人々を繋ぎ、笑顔の溢れる町づくりに取り組んでいます。

  • 「職人が集まる家具のまち」

    北海道の良質な木材でつくられた美しいデザインが特徴の旭川家具。世界に誇る技術をもっているのが東川町の職人さんたちです。旭川家具の約30%は東川町でつくられており、多くの家具・クラフト作家が創作活動を行っています。家具やクラフトの工房の中には、カフェを併設しているアトリエもあり、一点ものの家具や東川らしいお土産を求めて巡るのもおすすめです。

  • 「まいにちが天然水」

    東川町は全国的にも珍しい上水道のないまちです。大雪山国立公園旭岳の雪解け水が、長い年月をかけて、ゆっくりと大地にしみ込んでいます。ミネラル豊富な天然水をこのまちの全家庭で飲むことができます。おいしい水で育ったお米や野菜は絶品で、さらにコーヒーや、日本酒、ワイン、クラフトビールなどのおいしい飲み物も最高の味わいです。

  • 「東川米」

    天然の水で育まれた北海道初の地域ブランド米。農家たちのプライドを持った経営努力で、ブランドを確立。JAひがしかわを中心に東川の農家たちが、独自のルールをつくり、厳しい栽培基準と低たんぱく、高品質の基準を独自で設け、徹底した品質管理を行っています。2012年には北海道米初の「特許庁地域団体商標東川米」として商標登録され、付加価値の高い商品となっています。

  • 「旭岳」

    北海道で最も高い山で「日本の百名山」にも選ばれている標高2,291mの旭岳は東川町にあります。大雪山国立公園の北側に位置し、高山植物も豊富です。日本で最も早い紅葉を見られる山でもあり、四季ごとに移りゆくダイナミックな景色が人々を魅了します。標高1,100m地点にある旭岳ビジターセンターでは、旭岳と周辺の情報を提供しています。

  • 「料理と雰囲気を両方味わえる飲食店」

    この土地の最高の味わいの水と米を求めて、移住して店を構える料理人が多いも、東川町の特徴のひとつです。代替わりしながら商いを続けるお店や、おいしい水を求めて移転した人気店など、料理やコーヒー、パン、スイーツ、それぞれに店主のこだわりが詰まっています。また、おしゃれな雰囲気や窓からの景色が楽しめるのも、東川町の魅力の一つです。

EVENTS

この自治体の
イベント

EVENTS

    • 5月下旬/「春の暮らし楽しくフェスティバル」

      キトウシ森林公園が会場のこのイベントは、毎年春と秋に1回ずつ開催されています。地元の農家から野菜や苗が直売されるほか、フードコーナーでは、やきとりやソーセージなどをその場で焼いて販売します。家族でゆっくりと楽しい休日をお過ごしください。駐車場で行うフリーマーケットもお楽しみに!

    • 6月下旬/「旭岳 山の祭り【ヌプリコロカムイノミ】」

      夏山の到来にあたり、登山者と山岳関係者の安全祈願と観光地の繁栄を祈願する祭りです。地元の和太鼓集団による演奏が祭りムードを盛り上げます。タイマツをもっての行進、キャンプファイヤーへ点火、アイヌの方々による民族楽器の演奏など。最後は会場一体となり、大きな輪になってアイヌ舞踊を踊り、特別な雰囲気を味わうことができます。ジンギスカンなどの屋台も人気です。

    • 7月下旬/「写真甲子園」

      1994年に始まった「写真甲子園」は全国の高校写真部・サークルに新しい活動の場や目標、交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成と活動の向上をもって、学校生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的とした大会です。予選から選ばれた18校が、本戦大会開催地である東川町にて、全国一を目指します。

    • 8月上旬/「高校生国際交流写真フェスティバル」

      このフェスティバルは、東川町と交流のある国・地域に出場権が与えられ、各国で 審査を通過した海外選抜校13校(各国1校)及び、日本選抜校3校が参加します。参加校は東川町周辺で撮影を行い、優秀作品は審査員により表彰されるほか、インターネットによる一般投票により特別賞も授与されます。

    • 8月上旬/「東川町国際写真フェスティバル」

      東川町フォトフェスタは、1985年から毎年夏に行われ、7月末のメイン会期には、写真の町東川賞授賞式を中心に、受賞作家作品展やシンポジウム、写真家たちと出会う各種パーティ、新人写真家の登龍門ともいえる写真インディペンデンス展、ストリートフォトギャラリーなど、写真が異分野の文化と出会うイベントが多数行われます。

    • 8月上旬/「どんとこい祭り」

      東川町国際写真フェスティバルを中心に、写真のイベントと接続して開催されるお祭りです。露店などの出店はもちろんのこと、吹奏楽の演奏、ライブ、ダンスなどの野外ステージイベントがお祭りを盛り上げます。また、初日の夜に打ち上げられる、約2,000発の花火もお祭りの魅力の一つとなり、たくさんの人々でにぎわいます。

    • 8月下旬/「大雪旭岳SEA TO SUMMIT」

      「SEA TO SUMMIT(シー トゥー サミット)」は、人力のみで海から里、そして山頂へと進む中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えよう、という環境スポーツイベントです。大雪旭岳大会は忠別湖でカヤック、忠別湖から旭岳温泉までを自転車、その後ロープウエイに乗車し、旭岳の山頂を目指します。

    • 9月上旬/「秋の暮らし楽しくフェスティバル」

      秋の「暮らし楽しくフェスティバル」は米どころ東川の新米を紹介するほか、地元の農家の直売による秋の収穫物がお手頃な価格で入手できることから、イベントスタートと同時に多くの人でにぎわいます。ステージではダンスや音楽などのプログラムが披露され、会場を盛り上げてくれます。

    • 1月中旬/「ひがしかわ氷まつり」

      北海道各地で開催の冬のお祭りのスタートを切って毎年開催されるひがしかわ氷まつり。会場の羽衣公園には北海道のきれいな雪や氷を存分に楽しめるプログラムがたくさんあります。バラエティ溢れる氷像や雪像に加え、外が暗くなった会場をカラフルなライトアップと花火でお祭りを盛り上げます。

MESSAGE

応援メッセージ

MESSAGE

  • 美しい町が美しい物を産むと思っています。
    今後も美しい町であってください。

  • 大雪山麓の豊かな自然に恵まれた町に魅力を感じています。上水道に頼らない環境にやさしい生活にに大いに関心を持っています。

  • 応募しています!

  • コロナが終息したらまた訪れたいです!

  • 地域振興頑張って下さい

写真文化首都「写真の町」推進事業

写真文化首都「写真の町」推進事業

1985年に「写真の町」を宣言し、写真文化を通じて潤いと活力のある町づくりに取り組み、写真文化と世界中の人々を繋ぐ「写真文化首都」の創造を目指しています。現在、日本は過疎・過密の二極化が進行しているなか、多極分散型社会として強靭な国づくりを目指し、写真文化の首都として地方から世界へ写真文化を発信するために「写真甲子園」をはじめとした、写真の町に関わる事業や写真文化のアーカイブスなど、写真文化首都の推進を行います。

日本福祉人材育成事業

日本福祉人材育成事業

東川町では、誕生した赤ちゃんに椅子を贈る「君の椅子」をはじめとした、一人ひとりの人生の幸せのはじまりをカタチに残す、優しいサービスを進めています。安心した子育てや暮らしを支えるため、命を育む保育士と暮らしを支える介護福祉士の奨学金等をはじめとした人材育成支援を図り、少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会の実現に向け、日本の未来を育む福祉人材育成のための事業に充てられます。

竹内智香選手と協働!スノーボードキッズ育成事業

竹内智香選手と協働!スノーボードキッズ育成事業

本プロジェクトは、竹内智香選手と共同で東川町を拠点に子どもたちの人材育成やスノーボードの練習環境の整備を行うことで、日本全体のスノーボード普及に取り組んでいきます。
集まったふるさと納税は、スポーツを通じた子どもたちの人材育成や環境整備、スノーボード人口拡大のため、子どもたちを対象とした普及活動等に必要な経費に活用いたします。
この活動は一過性のものではなく、子どもたちの未来に向かって、数十年持続可能な育成環境を創ることを目指します。
1人でも多くの方にこのプロジェクトを知っていただき、ご支援いただくことで、共に未来を育んでいきたいと考えています。みなさまの応援をよろしくお願いいたします。

水と環境を守る森づくり事業

水と環境を守る森づくり事業

大雪山の雪解け水を活用し、美味しい水が暮らしのそばにある東川町。貴重な水資源と地球環境を守る森づくりの大切さを発信や整備を実施します。

東川発デザインミュージアム建設事業

東川発デザインミュージアム建設事業

大雪山を望む旭川家具をはじめとして、全国的に名高い家具の産地であるこの地域は、多くの家具・クラフト職人が集い、その匠たちが技を競い芸術高い家具を作り続けています。
その地域で洗練された木工製品・クラフトや、世界的に歴史・芸術価値が高い「織田コレクション」を中核に「家具デザイン文化」を世界へ発信するデザインミュージアムの実現を目指します。

滞在型交流施設整備事業

滞在型交流施設整備事業

都市住民や企業との交流や連携により東川町の魅力を体感し交流人口の拡大を図るため、滞在型交流施設を整備等を実施します。

ひがしかわワイン事業

ひがしかわワイン事業

東川町では本格的にワイン造りに取り組んでいます。美味しいワインを造るため、良質な葡萄作りを実践。東川町の自然酵母を使用し「ひがしかわワイン」を生産します。ぶどうの品種は現在セイベル中心ですが、ピノノワール、シャルドネなどの試験栽培も始めています。東川町内におけるぶどう苗木及びぶどう畑の整備や、ワイナリーの建設等、ひがしかわワインの推進のための事業を実施します。

農業を守り育てる事業

農業を守り育てる事業

道内屈指の米どころである東川町の農業を守り育てるため、「東川米」の大規模乾燥調製施設の整備などを進め、日本の食料自給率確保に貢献する事業等を実施します。

文化財等活用推進事業

文化財等活用推進事業

東川町が有する貴重な文化資源を文化財として指定して活用を図るとともに、将来にわたり収蔵保管を推進する事業等を実施します。

映画「カムイのなげき(仮)」制作事業

映画「カムイのなげき(仮)」制作事業

映画「カムイのなげき(仮)」制作事業 自由の天地、北海道・・・ 古より、神(カムイ)が宿る厳しくも美しい大自然と共存してきたアイヌ⺠族の人々。彼らは明治以降の北海道開拓に大いに貢献し、差別・迫害と戦い続けて来ました。 アイヌの血を引く知里幸恵さんは失われつつあったアイヌの伝統文化(口承叙事詩“ユカラ”)を 日本語に訳した「アイヌ神謡集」を書き上げ、わずか 19 歳で夭逝しました。 彼女の業績はアイヌ⺠族の人々に大きな自信と誇りを与えました。 映画「カムイのなげき」は、彼女の生きた姿を元に、明治・大正期、土地や生活を奪われ衰亡の危機に瀕していたアイヌ⺠族の生き様や伝統・文化を、雄大な北海道の自然の中に描き出す物語です。 本作は、菅原浩志監督の前作、「写真甲子園 0.5 秒の夏」(2017 公開)に続き、北海道東川町が さまざまな機関・団体と連携して“オール北海道”で作り上げていく映画です。

天人峡温泉環境保全(レクリエーションの森復活事業)事業

天人峡温泉環境保全(レクリエーションの森復活事業)事業

天人峡温泉環境保全(レクリエーションの森復活事業)事業 大雪山国立公園は北海道の中央部に位置し、日本最大の国立公園です。 大雪山国立公園内に国が指定したレクリエーションの森・天人峡風致探勝林があり、高さ270mの絶壁から落下して、天女の舞を連想させる、北海道指定文化財の名勝「羽衣の滝」や柱状節理の発達した断崖絶壁、七福岩、天津岩、涙岩、錦秋の壁などと名付けられた名所の数々があります。 明治33年以来の歴史をもち、大雪山国立公園の主要な観光コースとして、また、峡谷と飛瀑の秘境の中に湯煙をあげる一大温泉郷として知られてきた天人峡ですが、4つあった温泉宿泊施設は1つだけとなり、中には経済の不振やコロナ禍により廃墟として放置されている施設があり、景観・衛生・防犯上からも一日も早い除去が求められております。 放置されているマイナスの資産をプラスに変え、天人峡温泉の環境保全(レクリエーションの森復活)を目指します。