茨城県 境町

<S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm

寄附金額 17,000
在庫あり

数量

  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm
  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm
  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm
  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm
  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm
  • <S-Gallery・粛粲寶美術館>オリジナル風呂敷 68.5cm×68.5cm

返礼品の特徴

【S-Gallery・粛粲寶美術館オリジナルグッズ】
⾵呂敷…派⼿すぎない⾊合いなので、そのまま包んでエコバックにしたりインテリア・ファブリックとしてもお使いいただけます。⼤きめの額にいれて展⽰することも可能です。

▼粛粲寶(しゅくさんぽう) 明治35年(1902)〜平成6年(1994)
おおらかで⽂⼈画調の独特の画⾵(花⿃⾵⽉・⼈物画など)を構築し、 ⾼い⼈気を博しました。地元新潟県から上京後、洋画家の⿊⽥清輝に学び、後に ⼩林古径に学びます。 帝展・院展⼊選後⼀度絵の世界から離れ、奈良県の喜光寺、⽞識和尚の元で寄⾷⽣活 を 送ります。この⽣活を送ったことにより、粛粲寶の世界が確⽴しました。 再び作家活動に⼊りましたが、いずれの会派にも属さず、以降91歳で没するまでの60 年間独⾃の製作活動を展開し『孤⾼の画家』と呼ばれていました。

▼出世地蔵尊
銀座三越の屋上にある出世地蔵尊をご存知でしょうか。
その出世地蔵尊の復刻原画を描いたのが粛粲寶(しゅくさんぽう)です。
そしてその絵を元に彫刻家 岩城信嘉氏が彫った出世地蔵尊の分身像がS-Gallery 粛粲寶美術館に鎮座されています。
戦後しばらく道端に置かれていた出世地蔵尊でしたが、昭和43年(1968年)10月に銀座三越の全面改装に合わせ屋上に鎮座された。
長い間、道端に置かれていた地蔵尊が「路上から大きな百貨店の屋上に上り詰めたという事で後に粛粲寶(しゅくさんぽう)が命名しました。
開運・出世・延命・商売繁盛のご利益がある出世地蔵尊のグッズを身近に取り入れてみてはいかがでしょうか。

提供:S-Gallery・粛粲寶美術館

返礼品詳細

  • 配送注記 ご入金確認後、1ヶ月程度で発送いたします。
    ※沖縄・離島など一部地域への発送はお受けできかねます。予めご了承ください。
  • 内容量 オリジナル出世地蔵尊⾵呂敷×1枚(68.5cm×68.5cm)
    返礼品注記 S-Gallery・粛粲寶美術館は、緊急事態宣言に伴い2021年3月1日まで休館しております。